CRESTビッグデータ利活用推進のための次世代アプリケーション技術の創出・高度化プロジェクト

大規模生物情報を活用したパンデミックの予兆、予測と流行対策
大規模生物情報を活用したパンデミックの予兆、予測と流行対策

プロジェクト紹介

HOME > プロジェクト紹介 > ウイルス遺伝子配列の文字列統計量から流行モデルのパラメータを推定する手法の開発

ウイルス遺伝子配列の文字列統計量から流行モデルのパラメータを推定する手法の開発

本研究では,ワクチン株を先回りして準備するために,感染症数理疫学と集団遺伝学を融合し,ウイルスの遺伝子配列の文字列統計量から,感染症流行モデルのパラメータを推定する手法を開発しています。ウイルスの遺伝子変異および感染・免疫を表す数理モデルを構築し,インフルエンザのリアルタイム流行予測およびウイルスの変異予測を行い,その流行する株の遺伝子配列と流行規模に関する予測精度を明らかにすること目標としています。

(編集中)

  • JST
  • CREST
  • 統計数理研究所
  • 京都大学ウイルス研究所ウイルス病態研究領域
  • 北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター
  • 北海道大学大学院医学系研究科・医学部
▲ページの先頭へ▲